PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前にお世話になった動物病院に行ってきた。

昨日、前に住んでいたところに用事があって出かけたのだが、長い間お世話になっていた動物病院によってきた。
ファンが使っていたインスリンの注射針が、自分で破棄はできないので、破棄のお願いと、アイスボックスを借りっぱなしになっていたので返却してきた。
使わなかった注射針も、そのまま使ってくれるように頼んだ。
月曜日だったので、行った時はとても混んでいて、先生とゆっくり話ができなかった。
でも、その方がよかったと思う。
詳しく話せば、思い出して涙があふれるだろうし、待合室にいる飼い主さんたちにも迷惑がかかる。
「どう?」といつものように聞かれたが、最期は脳梗塞で亡くなったと伝えた。
ああ‥と先生は言い、よくあるんだよね~と痛ましいという目で私を見たが、もう通うこともない病院なので、お世話になった感謝の言葉を伝えた。
先生も「すみません」と言ったけれど、私は本当にこの病院にはお世話になった。

何度この病院で号泣したかわからない。
朝、パジャマのままで駆け込んだのは、モコの時だった。
夜遅く、血を吐いたと駆け込んだのは、ルンの時だった。
泣きながら先生を責めた時もあった。
先生は優しい人だったから、医者としての苦悩も話してくれたり、長い間たくさんのことを学んだ。
私が多頭飼いを続けられたのは、この病院があってこそだ。
いつでも、電話すれば、相談に乗ってくれるだろう。
そう言われているから。
今、穏やかに過ごしている猫たちを見れば、このまま何事もなく猫としての生を全うできますようにと、折るような気持ちで毎日を過ごしている


にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

| | 10:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT