PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファンが逝くまで・・・3

家に連れて帰ると、流動食を処方されていたから、シリンジで与えたが計8cc、水は4ccだけしか飲まなかった。
垂れ流しになっている尿のため、頻繁にペットシーツを取り換えた。
点滴がすべて尿となって流れていた。
敷布団はセミダブルだから、私はファンと寝た。
ファンは右側の手と足は、完全に伸びきっていて、左の手足だけを動かしていた。
手は砂を描くようなしぐさで、足は自転車をこぐような感じで・・・。
長い1日が終わった。


翌5日、朝8時40分に病院に着き、一番乗りだった。
すぐ、先生に預けて、病院を出た。
迎えに行くまでの時間、私は何をしていたのか、まったく覚えていない。
食事をしたのかさえも、覚えてなくて記憶が飛んでいる。

夕方5時に迎えに行った。
診察室で、先生に聞かれた。
私がファンを見ていて、つらくなかったかどうかを。
辛いというのは、体ではなく心のことである。
私は大丈夫ですと答えた。
ファンは人間でいうところの植物人間ですと言われた。
それは、私も分かった。
前日までは目も瞬きしていたが、もう瞳孔は開いていた。

「ファンは、死にますよね」
「死にます」
「あと・・どのくらい・・・」
「こういう状態だと、犬だと1週間…猫だと2週間から1か月・・・」という会話をした。
先生が、「お母さん・・・見ているのが辛いのなら、預かるという方法もあるからね。」と言われれたが、大丈夫ですと私は答えた。
先生が「たとえ、何もわからない状態になっているとしても、この仔の目に映るものが、お母さんのほうがいいでしょ」と言った。
私は「はい」と答えた。

こう文字に書くと、淡々と先生と会話していると思われてしまうが、そうではなくて、私は何度も涙をこらえ、ため息をつき、先生の言う言葉ひとつひとつに「はい」を繰り返していた。
先生も、私の心を思いやるように、言葉を選びながら、とても優しい口調で励ましてくれた。

休診日であるのにもかかわらず、隣の市から突然重体の仔を運んできた私を受け入れてくれた先生には、心から感謝している。


夜、ファンを見ながら7時ころから友達と電話で話した。
かなり長い時間話し、その会話の中では笑ったりもした。

そして電話が終わって30分くらいすると、おとなしかったファンの息づかいが荒くなってきた。
あれだけ無意識に動かしていた左の手足はだんだんと動かなくなった。
ハアハアという感覚が短くなってきた。

いよいよお別れの時が来たと思った。
今度は本当にお別れだと思った。
頑張れと言った。
頑張って、上手に向こうの岸にたどりつくようにと祈った。
かなりの時間が過ぎたように思う。
ううっと声をあげ四肢を伸ばして首を伸ばした後、ガクッと首を倒した。

ファンのお腹を見た。
動かなかった。
時計を見ると22時47分だった。
「ファンちゃん、お疲れさまでした」と言った。
その時、涙は不思議と出なかった。
見事な最期だと思った。


お湯でタオルを濡らし、ファンを抱き上げて顔を拭き、尿で気持ち悪かったであろうファンの体を拭いた。
キャットベットの上にペットシーツを敷いてバスタオルを重ねていたけれど、それらを取り換えた。
ファンの顔をなでながら、「ファンちゃん、大好きだよ」と言った。
ファンにいろいろなことを話しかけた。
倒れてから話したこと以上の言葉をたくさん、たくさん。
そして、涙が止まらなくなった。


後で、友達に言われた。
ファンにごめんねと言いたいと言ったら、「なんで謝るの?ファンちゃんは満足して逝ったよ。お母さんの新しいお家も見れたし、動物病院も決まったし、お母さんの笑い声も聞けて、だから安心して逝ったんだよ。」と言ってくれた。
あの時、病院に行くということを思いつかなかったら、ファンはもっと早く逝くことができたかもしれない。
病院に行って、ファンの苦しみの時間を伸ばしただけかもしれない。
だけど、私にはやはり、この2日間は必要だったと思う。



3日間にわたり、長文にお付き合いくださりありがとうございました。


終わり


元気だったころ。
096.jpg


| | 22:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT