PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨日の「TVタックル」を観て思ったこと。

昨日のTVタックルを観たが・・・。
多頭飼い崩壊の現実。
不妊手術はもう当たり前のことだと思っていたが、まだまだ理解されてないような気がする。
あれほど増やしてしまうことに、そして、自分はいつまでも元気だと思っている思い上がりが、気がつけば崩壊の道につながるのかもしれない。

一人が飼う限度が4匹と出演したNPOの理事が言っていたが、我が家も5匹だからなあ・・・。
私の年齢では多いのかもしれず、これ以上は増やす気もないし増やしたら我が家も崩壊する。


私の遺言書には何があっても今私の側にいる猫たちは、最後まで面倒を見るようにと息子に残している。
親孝行したいときに親はいないのが普通だから、今現在親孝行はする必要はない。
けれど、私が亡くなったら、親孝行しておけばよかったと後悔しないためにも、その約束を守ってくれればそれだけで、私には充分な親孝行で感謝すると言ってある。
今一番若い猫がゴンの今年10歳。
20歳まで生きるとして、あと10年、私も元気でいなければ・・・。
そして、思いがけず長生きをして私の側に猫が一匹もいなくなったら、保護活動をしている人のソフィアに似た猫のフォスター・ペアレントとなり、杖を突きながら腰が曲がっても、ソフィアにかけられなかった愛情を与えるために、たまには会いに行きたい。



崩壊現場から救出された猫ちゃんたちが幸せになってくれることを祈っています。


| | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT