PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カンちゃん風邪をひく

カンがくしゃみをするようなった。
クシュン、クシュンと連続で鼻水を飛ばしているので、食欲はあるが病院に行ってきた。

出かけるときに、カンの不意を突いてキャリーに入れたので、おしっこを漏らした。
暴れたのでおしっこをまき散らして、私の服にもひっかけた。
時間がなかったので、着替えずそのまま病院へ。
18時半ごろ病院に着いたのだが、いつもなら空いてる時間なのに、混んでいた。
待合室には暖房もかかっていたから、私の洋服についたファンのおしっこの臭いがきつくて、迷惑をかけてしまった。

体重は4,42キロ。
熱は平熱。
軽い結膜炎にもかかっていた。
目薬を注してもらい、インターフェロンを含めて3本の注射。
今、風邪の猫が多いそうで、今日だけで何度も同じ注射をしていると先生が言っていた。
薬は?と言うと、この風邪は薬で治す風邪ではなく、インターフェロンしか効かないと言われた。
薬もあるにはあるが、どうしても薬を出してほしいという人がいて出したら、その人の猫ちゃんは吐くだけ吐いて食欲も落ちたという例をあげられた。
どうする?飲ませる?と聞かれたが、今現在カンの吐き癖は治まっているし、吐かれて血が混じっていたら困るのでやめた。
目薬だけは出してもらった。
前に風邪に罹った仔の薬が残っているかと探したけどなかったので、一応風邪薬は持っていたいと言ったら無料でプレゼントしてくれた。
病院が年末年始の休みに入るので足りなくなると困るので、ファンのM/Dの缶詰も10缶購入。
全部で支払いは5,700円。
今月は車検だったし、痛い出費が続く。(´;ω;`)


診察台の上で、相変わらず固まっているカン。

SN3U0575.jpg

| | 23:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT