PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

甘やかし過ぎたのかな?

しばらく大丈夫だったのに日曜日の朝と、今朝、カンは吐いた。
吐くことは別にかまわないのだが、血も吐いているかが問題なのだ。
通常の猫のゲボッだったので、安心した。
体調も悪くさなそうだし、階段も駆け上がるし、今のところ問題はなさそう。

うちはファン1匹組、カンとミケ組、ゴンとチビ組の3組を3か所に閉じ込めて、ご飯を与えている。
それぞれにご飯の種類が違う。
一か所で全員に与えると、ゴンは自分の目の前のお皿ではなく、カンのお皿に突進する。
カンは僕のは?・・みたいな感じで、ウロウロする。
私はじっと目の前で皆が食べ終わるのを見張っていなきゃならないし、ゴンのわがままぶりに私が疲れてしまうのだ。

今はカンの吐くことが気になるので、カンとミケだけを食べ終わるまで見ている。
そして、カンが吐くかどうかを見ている。
その結果、ミケは小食なので他の猫と同じくらいの量を与えても半分は必ず残す。
その残したものを、カンは必ず食べる。
カンが吐くのは食い過ぎなのではないかとさえ思うくらいだ。
それで、最初からカンのご飯を少なめにして与えることにした。
ミケのご飯を少なめにすることはできない。
なぜなら、ミケはご飯が少ないと、口をつけない。
残すくせに、量を多くすると食べ始める。

全員、食事終了となれば、たとえお皿にフードが残っていても、さっさと片付ける。

私の貧乏生活を心配してだと思うが、友達から、ロイヤルカナンのフード4キロ入り2袋をいただいた。
頑張って食べさせようとしたが、結局気に入らなかったようで食べなくなってしまった。
最初は食べたのに、2口ぐらいで私の顔をみるようになり、これではない!とでもいうように食べないので、結局今までのフードに戻した。
無駄にするわけにはいかないので、開封済みのフードでも受け取ってくれる、個人で愛護活動をしている人に送った。
友だちがまたプレゼントしてくれると困るので、正直に話して、了解を取った。
彼女の家の猫たちの大好きなフードだというのに。
彼女は、猫はどんなフードでも好き嫌いなく食べるものだと思っていたので、それもまた私にはびっくりだった。
いや、うちの猫たちだけが違うのか。
フードに苦労しない飼い主さんが羨ましくなる。

うちの猫たちは元野良ネコだったのに、いつのまにかホントに贅沢な猫になったしまった。
うちは金持ちではない!といくら説教しても、嫌なものは嫌なんだもん・・みたいな感じなのだ。
甘やかしすぎたのかも。

SN3U0451.jpg


| | 19:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT