PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うちの猫のトイレ事情。

毎日、ファンのおしっこを採取しているが、ふと気づいたことがある。
ニャンとも清潔トイレの下段のトレイに溜まったおしっこを、100均で買った一番小さな計量カップに移している。
糖を測るためと量を見るために。
糖尿病は多尿になるので、それに気をつけなければならない。
飲水量を見るときは一番大きな計量カップで、おしっこの時は一番小さな計量カップにしている。

ファンのおしっこは臭くない。
かすかに匂いはもちろんするが、全くにおわないこともある。
これは固まらないチップの脱臭の力がすごいということなのだろうか。
このトイレに家にあるトイレ全て変えたいと思って、試しに1個買い足したが、他の猫たちの反応は、おしっこはするがウンチはやはり普通の砂のトイレにする。
ファンもウンチは今まで通りの猫砂トイレでする。
微妙な感覚があるのだと思う。
砂をかくときのときの肉球の感触がニャともトイレは気に入らないとか。
何年も同じ砂で用をたしていたのに、今さら変えないでよ!みたいな感じなのかも。
キャットフードも進化してきたが、猫のトイレも進化している。
うちの猫たちは、飼い主と同じで、新しいものに鈍感である。


こういう姿で寝ていたので、近づいたら目をあけた。
ゴンはいつもマイペースでリラックスしている。
SN3U0316.jpg

| | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT