PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファンの経過。(忘備録)

6月20日、土曜日。
7時20分、14時20分、17時、確認できた時間だけでも、尿糖は-。
その前の金曜日の夕方、16時15分に尿糖は-で、その後も-だった。
つまり、金曜日の夕方から土曜日も-だったのに、インスリンを朝食後投与してしまった。。
そのせいか、夜の8時40分頃、眠っていたファンの手足が数秒ずつ5,6回痙攣を起こしていた。
21日の日曜は、9時と11時35分の測定では-。
16時30分と20時10分で、+。
22時の時点で+++。
様子を見たがいつもと変わらず元気だったので迷ったが、、結局インスリン投与はしなかった。
翌22日の朝、インスリン投与。
12時35分には-の確認済。
昨日の閉院時間前に、先生に電話をした。
日曜日にインスリンを投与しなかったが、それでよかったのかどうか?
それでいいと言われた。
+で、血糖値が200くらいなのだそうだ。
だから、+++になってからの投与でいいとのこと。
糖尿病も種類があって1型、Ⅱ型とあるらしく、犬の場合は1型なのだそうだが、猫はⅡ型もあるので、それはインスリンから離脱できる糖尿病とのことだった。
ファンはもしかしたら、インスリンから離脱できるかもしれないと言われて、嬉しくなった。
今日も朝から-なので投与はしていない。


| | 21:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT