2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いつもはべったりなのに。

今日は暑かった。
猫たちは、急に暑くなったから、いつも以上にだらけていた。

夜になって気温が落ち着いてきたのに、私の机の後ろがベットなのだが、振り向くとミケが1匹でいる。

SN3U0019.jpg




しばらくして、また振り向くと、今度はミケの姿がなくてカンが1匹でいる。

SN3U0022.jpg





冬でも夏でも関係なく、いつもミケとカンはべったりと2匹でくっついているので、こういう1匹ずついると、不思議な気がする。
いつもの場所なのに。
いつもいつも観察しているわけではないから、不思議でもなんでもなくて、ただ1匹でいたいだけなんだね。

一瞬、喧嘩でもしたのだろうかと思う私が、おかしい。(笑)
どちらかが欠けたら、後追いするのじゃないだろうかと心配になるくらい、いつもは仲がいいので。

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

| | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友達の愛猫が逝った。

友達の19歳の猫が逝った。
飼い始めた時の経緯も知っているし、もう19歳になっていたのかとしみじみその長さを思った。

老衰。
急に歩けなくなった。
普通に歩いていて、食べていたのに、いきなり動けなくなった。
トイレにも行けない。
食べず歩けず動かず。
つまり、まったくの寝たきり状態。
それからおむつを当てながら2週間毎日、病院で栄養の注射を受けたそうだが、それって、どうなのだろうか・・。

老衰と診断したのなら、そのまま見守ることを勧めるのも医者の勤めではないだろうか。
食べないからといって、栄養の補給をするために通わせることの方が残酷なような気がする。

とはいっても、飼い主にしてみれば、藁にもすがりたいのだ。
その気持ちも痛いほどわかる。
猫の2週間って、人間だと、どのくらいなのだろうか?
いきなり、歩けなくなったといっても、それなりの兆候はそれまであったのかもしれない。
残念なことに、猫って自分の病や衰えを隠すのが上手だ。
猫はプライドの高い生き物だから。

老衰というのは生き物の自然な姿で、そうやって逝けるのはとても幸せなことなのだ。
そういう言い方でしか友達を慰めることができなかった。


私の逝った仔たちも、そういう逝き方で逝ってほしかった。


にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村


| | 21:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |