2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

猫専用のインスリン。

ファンの尿糖は、マイナスになることがなく、「ランタス」というインスリンも効かなくなっていた。
それまではランタスでおちついていたのだが、打ちすぎると低血糖になるし、すでに安定しなくなっていた。
ファンは痩せてきていて、体重も1キロ以上も落ちて、食欲もなく、実はいつ逝くか・・という状態である。
だからと言って、動き回れないというわけではなく、フードを粉にして、水を混ぜて指で口の前まで持っていくとなめて、それからこれが食事だとわかるのか、自分でさらに口を持っていく。
カリカリも食べるが、器ではなく私の掌の上で食べるのが好きになった。
もちろんカロリー計算も細かくしているから、つきっきりである。
私の尊敬する雪之進君がランタスからレべミルというインスリンに変えてから、安定していることをブログで知って、私もファンのインスリンを変えたかった。

ゴンの膀胱炎でお世話になったこちらの病院に電話を入れてみた。
レべミルを取り扱ってもらえるかどうかを聞くために。
すると、「そんなインスリンは聞いたことがない!猫の糖尿病はランタスに決まっているのだから。ランタスの量を増やすしかない」と言われてしまった。
一度連れてくるように言われたが、よく考えたら、現在糖尿病の猫の患畜はいないと言っていたから、相談する方に無理があった。
糖尿病の猫がいないのだから、インスリンについて勉強するはずもない。

それで、前の病院に電話を入れた。
ランタスが効かなくなったから、インスリンを変えたいと言った。
もちろん先生はレべミルを知っていたが、なんと前からもう少し待って・・・もう少し我慢してと言われていた新薬が発売されたというのである。。
前に、パンフレットは見せられていたが、なかなか発売されなくて、発売されても市場に出回らなくて、待ち遠しかった猫専用のインスリン「プロジンク」である。
用意しておくからと言われて、21日に、行ってきた。
ランタスは1mlで100単位。
プロジンクは1mlが40単位。
ランタスの1,5倍の量を、効果が12時間だから1日2回投与する。
そういう説明をメモしてもらい、22日から打ち始めている。

0.3ml/ccの注射器に30メモリがついている。
ランタスの時はそれの3メモリの量を打っていた。
つまり、0.03mlである。
プロジンクはランタスの2,5倍だから、0.075くらいということになる。
大量のインスリンを投与するわけではなく、0.0いくつくらいの微量な量の調整である。
だから難しい。
猫専用のインスリンといっても、やはり低血糖発作が怖くて、なかなか量が決まらず苦戦している。
いきなり0.075mlとはいかないから、0.06くらいから始めたが、いまやっと0.07まで増やしたが、それでもスリープラスの尿糖である。
それに痩せてきているので、前はスムースに注射が打てたが、肉がないから、打つ場所にも苦労している。
少しずつ量を加減しながら、何とか頑張りたい。
猫専用のインスリンが発売されたということは、それだけ糖尿病の猫が増えているということなのかもしれないが、動物医学も進歩しているということなんだろう。

ファンも16歳になった。
寝ているのか具合が悪いのかよくわからず、まどろんでいることが多くなり、カリカリもお皿に入れて食べるより、私の掌の上で食べることが好きになった。
16年も一緒に暮らしていると、お別れの時を考えると胸が痛くなる。

雪之進君のブログはレべミルの希釈のやり方も動画で公開していて糖尿病の猫をお持ちの飼い主さんには一度目を通してもらいたいブログである。
雪之進君は発症の時の様子もファンと同じで、引っ越しも経験していて、ブログにコメントを残したことはないが、彼の頑張りと飼い主さんの必死さが私の励みになっている。
雪之進君も頑張っているんだから、ファンちゃんも頑張ろうねえ~とか、ファンに声をかけることはよくある。


SN3U0891.jpg
Amazonの箱がお気に入りのファン。

| | 21:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴンが膀胱炎になった。

一昨日の夕方6時過ぎ、ゴンが突然、ダッシュでトイレを行ったり来たり。
おしっこのポーズは取るが、すぐに出て、また違うトイレに飛び込むということを繰り返していた。
これは・・・詰まったかとあせった。
家の近くに動物病院があるのは確認していたから、慌てて電話をかけた。
なかなか電話に出なくて混んでいるのかと思ったら、先生本人が出た。
何時まで病院が開いているのかを聞くと、17時までと言われて仰天してしまった。
17時までの動物病院が今時あるのか?
いくら田舎でも。
「わかりました」というと、「はい」と言われて電話は切られた。
これはいくら近くても、とても付き合えない。
どうしたのかさえ、聞かないなんて。
次に電話した病院は遠いが19時までとの返事。
引っ越したばかりで、道がわからないというと、丁寧に教えてくれたが、結局迷って、着いたのが閉院10分前。
待っている人は誰もいなくてすぐに看てもらえた。
おしっこは溜まってなくて、詰まっているのではなく膀胱炎だと言われた。
注射と投薬。
そしてオルファクトリーを進められたので、購入した。
2キロ。
食べるかどうかわからないから500グラムのものでいいのに、たぶん受付にいた人は奥さんだと思うが、500グラムは高上りだからと言う。
食べなかった方が高上りで、ゴンは食べなかった。
でもカンが食べたからまあいいかと思うしかない。
診察室で、先生といろいろ話した。
5匹飼っていること。
糖尿病の猫がいること。
インスリンが効かなくて、ずっとマイナスにならず、食欲も落ちていることなどを。
すると、一度連れていらっしゃいとは言われず、糖尿病の仔は、そこの病院では今いないのだそうだ。
そして、5匹じゃ大変だねと何度も何度も言われた。
この、大変だねというのは、世話がではなくて、経済的にというう意味だ。
本当に経済的に大変ですと、そのたびに正直に答えた。
なんだか、私の懐具合を計っているようで気分はよくなかった。
そして、「もう飼わない方がいいよ」と言われた。
もちろん、もう増やす気はないが、初対面の人に、ここまで言われなきゃならないのか~と思った。
飼わないんじゃなくて、もう飼えませんとこれも正直に答えた。
何しろ、知っている人のいない町ゆえに、夕方だったし私のかっこうは髪はバサバサ、スッピンでよれよれのTシャツだったし、いかにもみすぼらしく見えたんだろうと思う。
まあ、貧乏人であることは間違いないが。

前に住んでいた時の病院とは何度も帰っていろいろ相談している。
3か月分ほどのインスリンや注射器、フードも今の糖コントロールが食べなくなったときのために、M/Dのドライ・缶詰・糖コントロールのパウチなどを用意してもらって、万が一低血糖になったときのため、ブドウ糖も用意してもらった。
電話もいつかけてきてもいいと言われている。
私が引っ越しすることでの一番の心残りはこの先生とのお別れだった。
電話をいつかけても相談に乗ってくれるだろう。
だけど、今回のゴンのように、何かあったときに駆け込める病院は探しておかなければならない。
小さい町だから、人口も少ないし、動物病院も少ない。
どうやって探そうか・・・・。
悩む。


| | 21:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引っ越し当日の5匹の猫 2

引っ越し当日は、5月だというのに暑い日だった。
脱走防止のため、網戸を破る猫たちのため、窓は開けられないので到着してからエアコンをフル稼働。
しかし、うちの猫たちはエアコンは嫌いなため、すぐに来る途中に場所を確認していた100均とホームセンターに行き、支柱になる細い板と、ワイヤーネットを調達して脱走防止柵を作ることにした。
支える棒をのこぎりで切り、私の寝室になる2階の6畳間だけ、何とか作り終えた。
作るのは目に家でも作っていたから簡単なのだが、終わって気がつけば夜の10時が過ぎていた。


猫たちはベットの下から、出てこなかったから、ご飯をベットの下に運んでそのまま就寝。
しかし、私はなかなか眠られず、猫たちが気になって起きだすと、なんとファンだけがいない。
さすがに焦った。
どこか外に通じるところが開いていたのかと、大声を出して階段を見るとファンがいた。
ファンが一番最初に新居の探検に出るとは思わなかった。
その次がミケである。
老猫2匹の方が好奇心が大せいだとは思わなかったが、この2匹が先陣を切って家の探検を始めたのはうれしかった。

SN3U0911.jpg




| | 20:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引っ越し当日の5匹の猫 1

5月某日の引っ越し日に間に合うように、その2週間前から、Amazonでケージを3個購入した。
ミケとカン組、チビとゴン組はMサイズのケージ。
サイズは幅76、奥行き53、高さ57。
わんこでも余裕の大きさ。
ファンはどの仔とも仲良くできないから、一匹用のSサイズ。
サイズは幅51、奥行き33、高さ39。
キャリーバックでは、立ち上がったり体を伸ばしたりはできないから、どうしてもこのサイズくらいの大きさのケージが必要だった。
ワンタッチで組み立てられるというのが気にったのだが、ワンタッチで組み立てられても、たたみ方がわからず、しばらく組み立てたまま重ねて部屋に置いておくしかなかった。
これは理解力の問題なのだが。


ファンは抱けるから、当日でも対処できるが、ミケたちは警戒心が強いから、当日急にケージに入れることは無理だろうと思った。
ケージの中にご飯を入れて、2週間前から、徐々に慣らした。

当日、引っ越し業者が来る前に、ケージの中でご飯を食べて油断している猫たちを、一瞬で閉じ込めた。
無事、どの仔もケージの中に入ったときは、たとえ泣き叫んいても、本当にほっとした。
引っ越し業者が来て、簡単な打ち合わせをして、私の車にケージを積んでもらい、まずは猫たちがどんな荷物よりも最優先で無事新居に運ばなければならないからと、私は猫たちと先に出発した。
そして、高速を使った。
この日のために、タイヤは4本新品に入れ替えておいたし、そのタイヤも慣らしておいた。
最短の時間で新居に到着するはずだった。
ところが、私の車はナビがついてないから、高速の降りるインターチェンジを間違えて、かなり先まで走ってから、気が付くという最大のミスを犯してしまった。
猫たちは泣き疲れ、体を震わせ、ぐったりしていた。
猫たちに謝りながら、励ましながらの運転は、これほど緊張して運転したことは今までにないと思えるほど、私自身も疲れ切った。

引っ越し業者の応援隊が2名、荷物よりも先に到着してくれたので、その人たちに二階の荷物を入れる予定のない部屋に猫たちのケージを運んでもらった。
荷物を降ろし引っ越し業者も帰ってから、脱走しないように、全ての窓のカギを締めてから、猫たちをゲージから出した。
猫たちは先に作っておいた私のベットの下になだれ込み、普段は中が悪いのに、固まっていた。



SN3U0841.jpg




ケージは引っ越し後、動物愛護団体に寄付するつもりでいた。
しかし、こう災害が多いと、持っていたほうがいいのかもしれないと思いなおして、邪魔だがやっとたたんで保管しておくことにした。

SN3U0893.jpg


| | 22:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰しておりました。

今日から7月。
ひえ~という感じです。
休止していた期間が長すぎて、このブログのパスワードも忘れていて、ここまでたどり着くのに時間がかかってしまいました。

ブログ再開しました。
予定ではもっと早く再開するつもりでしたが、いろいろと忙しくて・・・・。

実は私、猫5匹を連れて、まったく見知らぬ土地に引っ越しをいたしました。
仕事は3月31日で完全リタイアしました。

見知らぬ土地での暮らしは、もう一つのブログも再開させて、そちらに綴ろうかと思っています。


今のところ猫たちは元気です。
引っ越し前から、ファンの糖尿病のインスリン注射が再び始まり、現在も続いております。

引っ越し前後のあわただしい日々の猫たちの様子を、忘れないうちに、これから少しづつ綴っていきたいと思います。

メールをいただきながら、連絡できずにいた方々、申し訳ありません。

懲りずにこれからもよろしくお願いいたします。

| | 22:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |