2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

支援金というものの行方。

一般財団法人全国緊急災害時動物救援本部 というものがある。


東日本大震災で7億を超える支援金が集まった。
この支援金の使い道について、今問題が発生している。
ちなみに、私はこの団体に支援金を送っていない。
もともと、大きな金額は集まるだろうとは思っていたし、そしてその使い道にいずれ問題は起こるような気がしていた。
だから、このことがネットで騒がれ始めたときに、やっぱりなあ・・・と思ったのだ。
過去にも災害が起こると集まった支援金に不透明な部分が出てきた事例は多い。




いろいろな動物愛護団体、あるいは個人の動物愛護家などが東日本大震災発生以来、休むことなく被災地に通い犬猫を保護し、飼い主に返還し、あるいは里親をみつけるという活動に奔走してきた。
現在も継続中の団体、個人は多い。

そんな中、公募のないままに、密かに救援本部が特定の3団体の支援金が支払われていることが判明した。
その金額が、千万を超えているという。
しかし、この高額な金額を受け取った3団体は救援本部のホームページにも自分たちのホームページにも記載されないままになっていた。

それに気づいたある団体が書面、面談を通して国民の皆様からの寄付金なのだから至急使い道をホームページなどで報告するべきだと提言し、やっと本部はHPで現金と、フードを購入できるポイントを支給したことを公表し掲載した。

 
NPO法人 SORA   
現金 17,112,000円 + ポイント分  5,600,000円   合計  22,712,000円

一般社団法人 動物救護隊にゃんだーガード
現金 14,100,000円 + ポイント分 8,640,000円   合計 22,740,000円

LYSTA~動物たちに光と再生を     
 現金 10,614,000円 + ポイント分  6,090,000円   合計 16,704,000円


この 3団体が得た合計額 62,156,000円
その反面、一銭も分配されなかった団体・個人のなんと多いことか。


3団体は自分のブログやHPでこの金額の受領の報告は行っていない。


この多額ともいえる金額を受け取るときに、この3団体は多数の他の団体のことを考えなかったのだろうか?
自腹をきって通い続けている個人愛護家を思いやることはできなかったのだろうか?
同じ仲間なのだから公平に分配できる方法を考えてもらいたいと本部に提言することは、微塵にも思いつかなかったのだろうか?
また、本部も公表・掲載しなかった理由は何故なのだろうか?


私はこの3団体のうちの一つに少額だが震災直後に義援金を送っている。
しかし、その後すぐに後悔した。
代表は行動力があり動物愛護にたけている人で、そのことについての異論はまったくないが、つまり人間的に微妙な感情で私の嫌いなタイプの人だとのちのち気が付いた。
だから、この3団体の中に、その人が入っているということに驚きはしなかった。
私はソフィアを飼いはじめた時から、支援金や支援物資の寄付は、本当に微力ながらいろいろなところに協力していた。
だが、その後、それを後悔したことが何度もあった。
つまり、私と考えや思いなどと違う団体だったということが重なったりした。
行き着いたところは、現金を送るのはやめよう。。
送るのあれば支援物資でどこにも属さず、個人で孤軍奮闘している人を応援したいという結論に達したのだ。


今回のことに限らず支援金というものは、送金したらそれで終わりではない。
送金した人が、それがどのように使われたのか、厳しく見極めなければならないと思う。
金額の大小に関係なく。



私はたくさんの命を救うために活動してきた人たちには、本当に心から尊敬しているし、言葉では表せないくらいの畏敬の念を抱いている。
それだけにこういう支援金の使い方が本当に残念でならない。

| | 22:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホントは仲がいい?

あら?おや?まあ・・なんと!!!

気にすることはなかった。
5匹が収まっていた。
ゴンがファンやカンに嫌われているから、5匹一緒というのは内心無理だろうと思っていたのだけれど、私が見てないところではそれなりに仲がいいのかもしれない。
とはいえ、微妙な関係。
顔がみんな外を向いている。(笑)
もう少し詰めて丸まっていてくれれば、いいのだけれど。
でも、自然にこの状態になっていたので、一安心。
ワンコ用のベットで良かったのだと、もっと早く気がつけばよかった。
そもそも猫用ベットは基本必要ないと考えている。
猫は自分の居心地のいい場所はそれなりに自分で探すのものだ。
冬の間は私のベットの上にいることが多いから、バラバラでいるよりはまとまっているほうが温かいんじゃないの~と思ったから、ペットベットは必要かもしれないと思っただけで・・・。
何も悩むことはなかった。
手づくりしようと、いろいろ考えることもなかった。
ワンコ用なんて思いつかなかった。
ちょっと考えればわかるはずなのに。
何年猫を飼っているんだと自分にツッコミを入れたい気分。

SN3U0660.jpg

| | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットベットは失敗したかも。

あまりにも寒い日が続くので、猫たちが1ヵ所にまとまれるように大型のペットベットを手作りしよう!・・・と考えていた。
だけど、どういう型にするか私の頭の中がまとまらなかった。

ホームセンターのペット用品売り場を覗いているうちに、犬用のLのベットが残り一つで値下がりしていた。
これで5匹はいけるかも!と思って購入してきたが、今現在の使用状況はカンとミケのコンビだけ。(笑)
大きすぎて警戒したようで最初は誰も見向きもしなかった。

猫のためのベットって、フードと同じで好みがうるさくて、失敗も多い。
しばらくは様子を見るが、使ってくれなかったらショックだ。

SN3U0657.jpg



| | 22:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫にも突然死があるなんて。

ブログ友達の愛猫が突然亡くなった。
帰宅したら、亡くなっていたという。
他のブログ友達の愛猫の死は何度か知ってはいるが、どの仔もみんな前兆があった。
病気になったり老衰だったり。
その前兆もなく突然死というのに、心底ビックリしてしまった。

なんともお気の毒でしょうがない。
私自身はピンピンコロリを願っているけれど、猫にも突然死があるという現実に、うろたえてしまった。


今まで我が家の猫たちも何匹も見送っているが突然具合が悪くなったということはあるが、突然死は経験がない。
今年の夏で15歳になる仔だったそうだ。
ファンも今年の夏が来れば15歳になる。
人間だけではなく、ペットもそういう危険性が増す年齢なのか。
ブログ友の今日の記事を読むと、原因はストレスだったのだろうと書いてあった。
亡くなったことを知った時は、一軒家からマンションに引越したばかりだったから、なかなかなじめずストレスだったのかなと私も考えたけれど。
これからも猫たちと暮らしていく私にとって、ブログ友の愛猫の死はいろいろと考えさせられた。

この頃の私は、親の介護があった時でも仕事を辞めなかったが、もういいかなと思うようになっている。
完全リタイアして、猫たちと残りの人生をただただグータラしながら過ごしていきたいと強く思うようになってきた。
そしてそれが唯一、私が安らぎ、自分らしく生きていける最良の方法のように思えてきている。




| | 23:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お墓参り。

昨日は初詣だったが、今日は両親のお墓参り。
いつもは年末にお墓の掃除を兼ねてお墓参りをするのだが、昨年末は忙しくて今回はいいかな・・と思っていたのだ。
行く気になったのは、近くのホームセンターで大量の花束が売れ残っていて、痛んでもいないのに値下がりしていたから。
菊3本が98円。(笑)
安い!!!
それを見たらゲンキンなもので、墓参りに行く気になった。

当たり前だが墓地には誰もいなかった。
大きなお寺なのだが、本堂の戸は閉まっているし、静寂なのが良かった。
広い墓地だがポツンポツンと新しいお花が飾ってあるお墓もあった。
新年のお墓参りもいいものだ。
去年の秋のお彼岸の時のまま枯れ果てた花の残骸が、花差しに残っていた。
ふ・・・ん。
掃除代をお寺に収めているのだが、それはお彼岸の前の掃除だけのようだ。
値引きされた花束でも、花のあるお墓はいい。
お墓参りをしてよかった。
たとえ行かなくても、文句を言うような心の小さい両親ではないけれど。(笑)



| ひとりごと | 22:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初詣

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


元旦、家から望む小さな山からの初日の出を拝んだ。
結構新鮮な気持ちになった。
正月3が日は、家から一歩も出なかった。
テレビを観て、食べて寝ての繰り返し。

元旦に配達された年賀状の中にやはりハンドルネームでの年賀状があった。(笑)
郵便局も心得てしまったようだ。
とはいえ、私の住んでいる地区だけで5万人以上もいるのだ。
考えてみれば、出すほうも本当に届くと思っていることも凄い。

2日、3日は箱根駅伝をテレビで観た。。
これは毎年正月の楽しみで、見逃すことはない。
私の早くに亡くなった弟も、箱根駅伝の先導の白バイに乗ったことがある。
だから、ランナーももちろん見るが、白バイの隊員にも目がいく。
神経をはりめぐらせて、大変な仕事だと思う。
弟は皇族の車列の先導も行ったことがあるから、このほうが大変だったそうだ。
とにかくヘマはできない。
何かあったら首が飛ぶと言っていた。
毎年駅伝が終わると弟がいないという現実に戻される。
年末の31日は蘭ちゃんの命日だし、30日から31日の朝までのあの時の辛く悲しかった気持ちを思い出すし、私が年末年始に家にこもるのはもう当たり前のこととなった。

今日は初詣に行ってきた。
毎年交通安全のお守りを返納して新しく買い求める。
長い石段を登らなければならない神社だが、車で上がれる裏道もある。
どっちにしようかな・・と思って、神社の前で考えていたら、かなり年配の女性が石段を登り始めたのを見た。
その人を見た途端、私もまだ登れるだろうと思って登った。
途中で息が切れたが、毎年思うことは同じ。
とことん体力がないってこと。
今年こそは体力をつけなきゃ~とその時は思う。

3が日が過ぎると神社には人が極端にいない。
この神社のすぐ近くに地元では有名な神社もあるけれど、私は人がいないというだけでこちらの神社が気に入っている。
おみくじは末吉だった。
しっかり読んで、括り付けてきた。
たぶん1か月後には読んだ内容は忘れていると思う。
いつものことながらお賽銭は少ないのに、お願い事は多い。
たくさんのお願い事の最後はいつも同じ。
「今年こそはロト6が当たりますように」(笑)

今年もマイペースで生きていきます。



SN3U0615.jpg
1月2日の猫達。
5匹全員がはいれるハウスを手作りしなきゃなあ・・・。







| ひとりごと | 22:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |