2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

強制給餌をする。

先週の金曜日ころから腫瘍も大きくなっているせいか、ルンの食欲は急速に落ちた。
ドライは銀のスプーンを5口くらい。
パウチのスープは1日に一袋を口を入れるくらい。
水はたくさん飲むが自分の部屋から出てくることはなく、電気の入れてないコタツの中に入りっぱなし。
ひたすら眠っている。
だが、コタツから出すと伸びもするし、爪も砥ぐ。
そんな調子で4日くらい過ごしたが、さすがに食欲が戻らないので5日目の夜、自宅から歩いて3分ほどのホームセンターで子猫用の粉ミルクを買ってきた。
蘭が使っていたシリンジ(針のない注射器のようなもの)を探して、やっとまともに使えるものを1本見つけた。
強制給餌の開始。
蘭が亡くなったのは13年も前。
蘭は余命1週間くらいと病院に言われ、(今の病院ではないが)自宅で看取るほうがいいと言われて、それからひたすら子猫用の粉ミルクをドロドロに溶いて1か月かけて回復させたのだ。
蘭はエイズと白血病が陽性だったが、それから2年くらいは元気に生きた。
そのことがあるので、どうしても強制給餌といえば、子猫用の粉ミルクが頭に浮かぶので、まずはそれから開始。
次の日、病院から流動食を購入。
退院サポートというもので、少しのぬるま湯で軟らかくしてシリンジで与える。
シリンジも病院からいただいてきた。
先生は、ドライをぬるま湯でふやかしてミキサーにかけたものでもいいと言ってくれたが(商売っ気がないのか?)、それでいいの~?と答えたものの、まるで私のずぼらさを見抜いたように、手間はかかるけどねだって。
よく考えたら、うちにミキサーはないのだ。
とっくに処分している。
去年も使ってない、一昨年も使ってない。何年も使ってなくて今年も使わないだろうし、一番いらない家電の筆頭だなんて思って処分したのだ。
とりあえず病院から購入した缶詰でやるしかない。
と、そんなわけで強制給餌をしているが、素直にやらせてくれるかというとそうではない。
逆らう。
力をいれて、私の手に爪をたて、私の膝から逃げようとする。
食べてないのに、どうしてそんな力が出るのだと思うくらい。
見た目は本当に痩せてきているのに。
蘭の時はグッタリしていて、息も絶え絶えという感じだったからやりやすかったが、ルンは今のところそうではないのだ。
ただ食べない。
流動食のほうは、シリンジを使うなら、自分で食べます!みたいな感じで、お皿から直接口にするようになった。
ミルクはシリンジでなければダメなので、栄養を考えるとどうしてもこのミルクは続けたいので、ルンのストレスにならないようにと、抱きしめながらなだめすかして、与えている。
今のところ、ルンは私の自宅での時間を独占している。
私はテレビでもなくPCでもなく、ルンの部屋でコタツに足を入れて読書をしている。
私の足がそばにあるだけで、ルンは安心するようなので・・・。
今日は私は仕事だったのだが、ルンは朝、自分の部屋から出ていつもの私の部屋の定位置に座った。
部屋に戻すかどうか迷ったが、久しぶりに他の猫達といても眠っているので、そのまま出社した。
自分の部屋のコタツの中にいると、布団を空けるたびにもしかして・・・と思ってしまうが、他の猫たちと一緒に私の部屋にいてくれると安心する。
ルンとお別れの時間は近づいているのかもしれないが、そういうことを考えると涙が出るので考えないようにして、今、自分にできることをするしかない。




| | 23:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご長寿猫になれますように。

 今日は2月22日、猫の日。
離れて住んでいる友達から、連絡があった。
その町の生活情報紙の猫の日特集に、自分の猫たちが載ったので、見てほしいと。
とはいえ、私の町では発行されてない。
生活情報紙のHPから、見ることができるとのことだった。
猫たちの写真は、いまいちPCでははっきりしないが、前に会っているし、写真はしょうがない。
富は、スーパーの掲示板の里親募集の張り紙をみて、もらい受けた。
もう17歳になっているとは思わなかった。
月の流れることの早いこと。
2匹目のメイは、野良猫の保護。
2匹とも飼うときのいきさつは知っているが、普段私たちは猫の話ってめったにしない。
離れて住んでいるので頻繁に会うことができないから、会った時はほとんど猫が話題にのぼらないくらい、他の話題でいっぱいいっぱいってことだ。
猫の話はしないのに、これほど友達が親バカだったので、ちょっと嬉しくなる。
友達の家の猫のフードの品名は聞いて知っていたが、おやつにカニかまとは初めて知った。
富は現在17歳だけど、その間私は何匹も猫を亡くしている。
こればかりは、羨ましがってもしょうがない話だ。
うちの猫たちもこれからご長寿猫になれますようにと、願わずにはいられない。

SN3U1261.jpg




| | 20:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫育ては忍耐。


現在、ルンに与えているフード。
保護して飼いはじめた時からフードには難しい仔で、頭を悩ませてきたが、今はこの4種類に落ち着いている。
SN3U1241.jpg

病気になってから、食べないことにはお話にならないわけで、先生に美味しいものをたくさん食べさせてあげてと言われて、この4種類を4つの器に入れて出すようになった。
これに決まるまで、結構時間がかかった。
パウチは、スープ類なら何でもいいのだが、これらを順繰りに与えているが、それも中身は食べず水分補給の意味しかない。
SN3U1245.jpg

ルンだけは、食事はルンの部屋で食べさせているので、5個の器にそれぞれのフードが入っていて、その中で、ルンの気まぐれでその時に気に入ったものを口に運ぶという状態。
食べなくて残しても、他の猫に与えるということはしていない。
他の猫達とはフードの種類が違うし、もしかして口をつけたとしたら、一応陰性になったとしても白血病の陽性だった仔だから、ルンの食事や器は別扱いにしている。
ルンだけが置き餌になってしまうが、それもいつまでもおいてはおけない。
匂いが飛んでしまうからだ。
それに、ルンは袋を開ける瞬間が好きらしく、その時だけ口がその方向に向く。
だから小袋に分かれているフードでなければダメなのだ。
ご飯にありつけない野良猫を思うと申し訳ないが、つまりは捨てるフードの量のほうが、食べる量よりもはるかに多い。
不経済だと思うが。
楽天で見るのは、少しでも安くと猫のフード類ばかり。
これが自分の子供だと、「食べたくないなら食べるな!」とか言うのだろうけれど、ルンに対しては、「ルンちゃん~、食べたくないの~困っちゃいますね~」とか、まさに猫なで声になる。
猫に対しては、忍耐強い。
精神修養まではいかないけれど、結構忍耐を鍛えさせられる。
ちなみに、うちの息子は好き嫌いがない。
だから、何を食べさせても不満を言われたことはない。
それなのに、猫の食事でこれほど悩むとは思わなかった。
いや、現在のところルンだけなのだが。

| | 22:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

23時間30分

3日ほど前から、ルンの食欲が一気に落ちた。
スープあるいはジュレ用のパウチで、中身は食べずにそれだけを口にするという状態。
先生に悪くなったらあっという間とは聞いていたが、今がその状態なのかよく分からない。
痛がっている様子もないし、フラフラしているというわけでもない。
段々になっている棚の定位置に登っていくし、ただひたすら寝ている。
我が家の他の仔にもいえるが、猫は一日24時間のうち23時間30分は寝ているのじゃないかと思ったりする。
今日しみじみ思った。

目ヤニがひどいから風邪だろうか?
黒い目ヤニは、目が汚れているからだと前に先生に言われたのだけれど。
SN3U1225.jpg

猫の事には関係ありませんが、時間がある方のみどうぞ。

≫ Read More

| | 22:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |