2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カンの鳴き声。

意外なことに、私は赤ちゃんの頃に保護したカンの鳴き声を長い間、聞かずにいた。
つまり、鳴かない仔だったのだ。
ところがどうだろう・・。
家出をして戻ってきてから、カンはよく鳴く。
鳴くのではなく、泣いているのか・・。
1階で鳴き声がするのでそっと降りていくと、窓際で外に向かって鳴いている。
私の部屋に入ってきても、私の周りをうろうろしながら鳴き続ける。
今までのカンとは、あきらかに違うカンが家出以後続いているのだ。
外には出れないんだってば~と私は言うと、恨めしそうな顔をする。
ミケよりも短い3日目で捕獲できたのに、その3日間がよほど楽しかったのだろうか?
そのうち収まるだろうと思っていたが、鳴くことをはじめて覚えた仔のように、いまだ収まらず。
たった3日間の家出でこれほど変化したのは何故なのだろう?
3日間の家出の最中に、恋でもしたとか?
いかにも切なそうに鳴くから、私も落ち着かない。
そもそもうちの仔たちは、鳴かない仔のほうが多いから、不思議でしょうがない。
気候が暖かくて、外に出たい気持ちは分からなくもないが、秋も過ぎてもう少し寒くなれば、おとなしくひたすら眠るいつものカンに戻るのかもしれないが・・・。
mini_130927_2157kan.jpg

| | 22:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |