| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

不用品の買取をしてもらった。

リサイクルショップに不用品の買取依頼をお願いしてみた。

古着。
何かのお返しにもらったブランド物の肌掛け布団と綿毛布。
バック、湯呑ちゃんわんのセット、お銚子とおちょこのセットなど。

実は昨日、いつも訪問しているブログで、ネットで古着のリサイクルをお願いして、ブランド物のバックも入れて段ボール5箱分を送ったのに査定額は250円だったという記事を読んだばかり。
また、友人がやはり古着をリサイクルショップに持って行ったら300円だったという話も聞いたばかり。
だから、まったく期待はしていなかった。
断捨離をしているから、とにかく物を減らさなきゃという思いだったし、不用品の買取はどういうものなのか経験したことがなかったので、試しに行ってみよう~と思ったのだ。
家から一番近いリサイクルショップを選んだが、お店に入ったときに、あ~失敗したなと思った。
有名だが、若向きの店だった。(笑)
かなりの量だったから、査定に30分くらいかかるということだったので、預けていったん店を出て、30分後に再訪問。
査定額は2850円。
値段の付かなかったものが多すぎて、「これ、持ち帰らなきゃならないんですよね」と言ったら、「こちらで処分してもいいですよ」と言われた。
そう言われたが、「いや、持ち帰ります」と言ったら、えっ!というような顔をされた。
たぶん、どなたもそのまま処分してくださいと言って置いてくるのかもしれない。
私は持ち帰ってきた。
というのは、私の町には古着の回収ボックスがある。
NPO法人が、その古着を本当の意味でのリサイクルをしている。
その理念は共感できるので、持ち帰って、古着回収ボックスに入れたほうがいいととっさに判断したのだ。

金額を提示された時に、何がいくらだったのか買取価格の表を出されたが、見なかった。
見てもしょうがない。
価格交渉するわけでもないし。


箱に入ったままの綿毛布、肌掛け布団はそれぞれ買取された。
コートは3枚出したが2枚買取された。
バック1個。
少量の衣類。
陶器は値がつかないと知っていたから、期待はしてなかったが、おちょこのセットは買取された。
笠間焼だったからだと思う。
つまり、なんだかわからない湯呑のセットなどは、新品でも売れないということなんだろう。


買取価格が適正かどうかなんてのはわからないが、所詮不用品の処分だから2850円はありがたい。
綿毛布と肌掛け布団は、箱ばかり大きくていらないものの筆頭だったから、買い取られてほっとした。
これを考えても、何かのお返しって、品選びが難しいってことだと思う。
私のように、残念ながら喜ばれずに不用品だと思ってしまう人もいる。
お返しのいらない人との付き合い。これが一番楽でいい。良心も痛まない。(笑)


衣類はキレイにたたんで出したのに、帰って来たときは入れていた袋にぐちゃぐちゃになって返されたので、凄く嫌な印象を受けた。
忙しくてたたんで返すなんてことはできなかったのか、それとも、持ち帰るなんて最初から思ってないから、ぐちゃぐちゃでもいいと思ったのか。
まあ、何事も経験だから、これはこれでしょうがないんだろうな。













| 断捨離・終活 | 21:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続・・・楽しんで力仕事をする。

庭に出しておいた、タンスの解体の続き。
ホームセンターで電気ノコギリを購入するつもりで出かけたのだが、商品を見るとあまりにも頼りなさげなので、同じ価格だった電気チェーンソーにした。
店員さんに、私でも使うことができるか聞いたのだが、「使えると思いますよ。使い方次第ですが・・・」と言われた。
まあ、ガソリンエンジンで動かす本格的なチェーンソーではないし、同じ電気で動かすものなら、電気ノコギリのほうが安全だとは思ったが、きれいに切ることを目的とはしてないので、私でも使えるだろうと思ってチェーンソーに決めた。

SN3U0805.jpg

チェーンソーは使ったことがないので、説明書を読み、チェーンの張り具合を確かめ、チェンソーオイルを入れて、いざ!!!
感想は…面白かった。
癖になりそうな面白さ。(笑)
だが、危ない思いもした。
調子に乗って動かしていたら、あやうく太ももを切りそうになった。
眼鏡をかけ、口にタオルを巻き、轟音をまき散らしながら、青空の下での解体は楽しかった。
もっと大物も解体する予定があるので、自信が付いた。

SN3U0809.jpg

60センチ以下の長さ、幅は20センチまでなら、燃えるごみの日に出すことができるので、それなりに細かく切った。
一度に出すと集積車が回収しないので、2束くらいを何回かに分けて出すつもり。

SN3U0820.jpg



今日の籠はルン。
籠を廊下に出して日光に当てていたら、入っていた。
気持ちよさそう。

SN3U0801.jpg

| 断捨離・終活 | 21:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽しんで力仕事をする。

やっと、洋服ダンスを解体した。
2段に分かれていて、上がコート類などをかけるようになっていて、下は2段の引き出し。
ごくごく普通のタンスだが、いらないとずっと思っていた。
中に入っていたコート類がいらないので、これを処分したいとかねてから思っていた。
ロングコートは黒が2枚。ベージュが1枚。紺が1枚。友達からもらった新品のスエード調のものが1枚。
ハーフコートはベージュが1枚。白が1枚。
この中で1度も出番がなかったものは黒のコート1枚とスエード調のもの。
白のハーフコートは1度だけ着た。
そもそも、普段から車で移動しているのに、コート類は必要ないのだ。
ほとんど着ない。
雪も降らない地域だし。
この中で残しておくものは、黒のロングコート2枚だけ。あとは処分。
友達からもらったものは、その友達も友達からもらったものだ。
着こなす自信がないと言ってもってきたものだから、新品でも、あげた以上は処分はまかせると言われていた。
黒は冬の告別式などに出席するときに、私は最後までお見送りをするので、外で出棺を待つ間に必要だと思うから残しておくだけ。
デザインもシンプルで気に入っている。

タンスの解体は簡単。
蝶番を外して、バールでこじ開けて解体。
天板などは金鎚で思い切り叩けば、パカンと外れる。
面倒で時間がかかったのは、蝶番などの金具を外すときだけ。
タンスの扉の裏についていた鏡や、引き出しについていた鍵がかかるようになっていた金具は、錆びついていて、どうしても外れないので男友達に電話して来てもらった。
忙しいと言われたが、10分くらいで済むと言って無理やり来てもらった。
本格的な電動ドライバーをもってきて外してもらった。
まあ、あきれていたが。
前に洗濯機が壊れたときに、ひっくり返して自分で分解して直したとき以来、私はなんでも楽しみながら自分でやってみる人間だということは承知されているので、余計な手出しをしない友達っていうのもありがたいものだ。
だからそのあとを手伝ってくれるかというと、そうではなくてさっさと用事があると言って帰って行った。
部屋で解体して、庭に出したところで、ぽつぽつ雨が降ってきたので、今日はここまで。
さて、これをどうするか?
車に積んで焼却場に持って行くことも考えたが、2回くらいの往復になりそうで、それに車に積むまで重くて腰を痛めそうな気がする。
ホームセンターに電動ノコギリの広告が安価で出ていたので、それを購入するか思案中。
タンスなどの粗大ごみは市に連絡すれば回収してくれるが、家の前に出しておかなければならず一人では運べない。
誰かの手を借りるということは、できれば避けたい。
水くさいと言われても。
年をとって動けなくなったら、嫌でも周りを巻き込んで迷惑をかけるのだから、それまではなるべくなんでも自分でやろうと思っている。
SN3U0798.jpg


今日の籠の中はカンとチビ。
カンは大きいから、さすがに窮屈そうだ。
SN3U0794.jpg

| 断捨離・終活 | 21:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |